csr

福島県国見町に街灯8基を寄贈しました

投稿日:2017年5月8日

 2017年4月17日、福島県国見町立県北中学校(以下「県北中学校」)にて、国見町に対する街灯の「寄附贈呈式」が行われました。当日は、国見町から太田町長をはじめとする4名の職員、県北中学校より全校生徒243名と教職員の皆様方、そしてエクイスエナジーから4名が出席致しました。
 2011年3月に発生した東日本大震災は、国見町にも甚大な被害をもたらしました。国見町は、災害以降続いた若年層を中心とした町外への人口流出に歯止めをかけるべく、教育環境の整備と活性化、また、子ども一人ひとりの育ちを支える地域の在り方について改めて熟考され、「生まれ育った郷土に対する愛着と誇りを持ち、町の復興を共に支え、共に歩んでいく人づくり」という目標の実現に尽力されています。エクイスエナジーは国見町のまちづくりや教育への想いに賛同し、このたび町内唯一の中学校である県北中学校周辺に、将来を担う学生たちの通学時の安全と防犯対策の向上に寄与するため、ソーラーパネル付街路灯5基、商用電灯3基を寄贈させて頂きました。
 式典においては、弊社代表社員より太田町長および代表生徒に目録が贈呈された後、代表生徒より日英両方の言葉で感謝の気持ちが述べられる等、大変記憶に残る式典となりました。
 エクイスエナジーは、福島県内で現在2カ所の太陽光発電事業を推進しており、国見太陽光発電所(13.0MWdc)は2016年2月に商業運転を開始し、二本松太陽光発電所(29.5MWdc)は2017年中の稼働に向け工事を進めております。この2カ所の発電所で、一般のご家庭で一年間に使用される電力の約13,000軒分に相当する電力を供給することができます。
エクイスエナジーは、太陽光発電事業をとおし、地域貢献及び環境改善の一助となれるよう邁進してまいります。

20170508-IMG_2788
20170508-IMG_0554
20170508-IMG_0554
20170508-IMG_0591
20170508-IMG_0554
20170508-IMG_2743
20170508-IMG_2743