csr

福島市の児童養護施設に物品を寄附しました

投稿日:2015年12月23日

 2015年12月12日、社会福祉法人 児童養護施設 青葉学園様(以下「青葉学園」という)にて、「寄附贈呈式」を執り行いました。当日は青葉学園より全児童50名と職員の方々、NREより3名が参加致しました。
 青葉学園は、福島県福島市にある創立69年の児童養護施設です。「家庭的な環境の中で子どもが養育されるべきである」という創立時からの理念を基に、子ども達の養護と、その一人一人が生きる力を培えるよう、自立支援に尽力されています。NREはそうした青葉学園の理念に賛同し、将来の産業を担う子ども達への支援の意を込めて、このたび物品を寄附させて頂きました。学園の皆さまとも相談し、子ども達の生活および教育支援の観点から、洗濯機1台、学習机と椅子各3台、ノートパソコン1台を贈呈品として寄贈いたしました。
 また、クリーンエネルギーに関する知識・理解を深めるため、贈呈式後には小学5、6年生を対象とした、弊社社員による「太陽光発電に関する特別授業」を行いました。青葉学園の屋根には複数棟にわたり太陽光パネルが設置されており、普段目にする太陽光発電のしくみを今回学ぶことで、子ども達にとっても太陽光発電がより身近なものとなった事と思います。
 NREは、福島県内で現在2カ所の事業を推進しております。NRE国見太陽光発電所(13.0MWdc)は2016年1月末を目途に商業運転を開始予定、NRE二本松太陽光発電所(27.3MWdc)は2016年2月より電気工事を開始する予定です。これら2カ所の発電所では、地域の皆様がご家庭で一年間に使用される電力の約13,000軒分に相当する電力を供給する予定です。
 NREは、太陽光発電事業をとおして地域に根差した取り組みを行う事で、今後も地域活性化に貢献してまいります。

 

151223