biz

野崎狐久保(青森県)にてメガソーラー地鎮祭を行いました

投稿日:2014年8月6日

 NREは、青森県上北郡七戸町の野崎狐久保において大規模太陽光発電施設(メガソーラー)の建設着工に先立ち、安全を祈願して地鎮祭を行いました。この施設の出力規模は1万2,700キロワット(12.7MWdc)となる予定です。

 この施設は、2015年度後半に発電開始を予定しており、約3,700軒の家庭で使用される電力相当の再生可能エネルギー(クリーンエネルギー)の発電が可能となります。また、年間約4,200tのCO2排出抑制効果、約40万ℓの水資源抑制効果(原子力発電所対比)があります。それに加えて工事期間に渡りのべ160名の雇用、並びに商業運転後も保守運用など常時10名の雇用を見込んでおります。

・掲載記事:デーリー東北 2014年8月7日朝刊   新聞記事(デーリー東北)

・掲載記事:東奥日報2014年8月7日朝刊 新聞記事(東奥日報)

0213  02530265  02860274